なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「レモン豚骨¥800」@麺也 オールウェイズの写真味スープ4
香り4
味麺4.3
味トッピング4
盛り付け3.3
コスパ4
接客3.8
清潔感4.5

平日12時過ぎに来訪。待ちなし。
女性客も入りやすい綺麗なお店。
人気の表題を券売機で購入しお姉さんに麺固めでお願いしました。

10分ほどで着丼

豚骨ラーメンの上にレモンスライスが乗って登場
スープは豚骨を長時間かけて丁寧に煮込んだのでしょう。
コラーゲンたっぷりかつ旨味たっぷり感じさせてくれます。
クドさや脂っぽさはありません。
そこにレモンの酸味がコラボしたラーメンです。
発想が面白いです。
麺はプライムハードと言う希少小麦オンリーの細麺でコシもありスープとの絡みも良くズルズルいけます。

豚バラチャーシューは下味しっかりで
適度な柔らかさです。

ちゃんぽん文化の長崎の地にありながら
中々珍しい発想のラーメン屋さん。
個人的には後からレモンの酸味がきつすぎる感じが残ってしまいました。
普通の豚骨ラーメンを是非頂いてみたいと思いました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製もりそば850円」@長崎大勝軒の写真特製もりそば戴きました。
麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある自家製麺で、大勝軒の系列にしては色白な気持ち硬茹でされたお茶漬け喰いしないと喉ごしが楽しめないタイプの麺です(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところで300・400gも同一価格です)。
つけ汁は粘度の無い酸味と辛味とオイリー感がそれぞれ微アリな魚介豚骨醤油味で、東池袋本店とは違い少し茶白濁した魚介強めのつけ汁に仕上がっています。
具はメンマ4・5本と薄切肩ロース叉焼3・4枚とナルト1枚と茹で玉子半分と長葱とこれぞ大勝軒と思わせるチビ海苔1枚がつけ汁に忍ばせてあります。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打細ストレート麺の麺肌につけ汁の表面に浮遊する香辛料が薄っすらとつけ汁と共に適度に絡みズズズッと勢いよく気持ちよく啜れました。
スープ割は一段高いカウンター上のポットから薄白濁した豚骨スープを自分好みに調整でき、赤茶色したプラスティック製の蓮華で長葱を追いかけながら美味しく戴けました。
お店は「ちゃんぽん」大国、長崎駅前の大通りを超えた駅近に佇んでいて、周りにも「ちゃんぽん」「皿うどん」の幟や看板を掲げたお店が立ち並んでいますが、男性客中心に沢山来店客が押し寄せていました。

スープ割のポットはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9392689.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「あごだしラーメン(¥750)」@大氣圏の写真佐世保市内を営業後、少し余裕ができたのでおさぼりで平戸城へ。40分ほど天守閣も含めて散策後調べてみたら「元祖あごだし」を発見。随分遠かったが車を走らせ、オープン直後の11:40店着。既に6人ほど先客もあり、地元の人なのかバラバラと後客も数人。迷うことなく表題を口頭注文、なぜかW (大盛)を押すように「普通でいいの?」と念押しされる。

しばらくするとネギ、モヤシ、カマボコ、キクラゲ、しっかりとしたチャーシュー、細切りのメンマに胡麻がかかった琥珀色のスープのラーメンが着丼。スープをいただくと、甘めのカエシで味濃いめの印象。あごか、と言われるとちょっと弱い感じ。麺は中細縮れ麺で柔めの茹で加減であまり印象に残らない。及第点ではあるが価格を考えると…ごちそうさま。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ちゃんぽん(¥690)」@お栄さんの写真博多から長崎・浦上に特急で移動。ちゃんぽん食べる気満々だったが、熱はないものの風邪気味で全く食欲が湧かず。駅前、浜町辺りを営業後レンタカーに乗り、長崎市内・諫早市内を回り佐世保へ。やっと「なんか食べよう」という気になったのでこちらへ…18:00入店、表題を口頭注文。

キャベツ、モヤシ、木耳、カマボコ、豚肉にイカゲソも発見…しっかり炒めスープと合わせた少し柔めの中太ストレートちゃんぽん麺が着丼。野菜を中心にまずいただき麺を啜っていきます。野菜も多いから大丈夫だろうと食べ始めたが、思ったほど入らない。スープも塩分量多めなのも手伝い、野菜・麺をさらって完食、ごちそうさま。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
75

「ちゃんぽん」@中華大八の写真地元勤務の方がよくランチで使いしているという、お薦めの大八にて、ちゃんぽんを。
麺/27 スープ/32 具/16 計75点
麺は丸中太麺だが、かなり柔らかい。他のちゃんぽんと比べたことがないので分からないが、ちゃんぽんとはこれくらいの麺の固さなのだろうか。正直もっと歯応えがあるほうが美味しいと思うのだが。
スープは、魚介系の白濁スープ。
野菜の甘味もよく出ていて、美味しい。
具は、キャベツ、イカ、モヤシ、竹輪、豚バラ、蒲鉾。
キャベツのしゃきっと感が丁度良い。
野菜スープを食べているようで、うまうま。
竹輪とスープも合いますね。
ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
82

「ちゃんぽん 850円」@会楽園の写真9.12(木)13:00 長崎旅行の2日目に長崎の中華街へ。となれば当然お昼は本場のちゃんぽんです。お店がたくさんあり迷いましたが、直感で会楽園さんを訪問。江山楼さんは待ちが発生していましたが、それ以外は平日の影響もあってかどこもすぐ入れる状態で、すぐに席に座り、ちゃんぽん、トンポーロ、レモンサワーをオーダーです。そして、レモンサワーを飲みながら待っていると待つこと数分でちゃんぽん、トンポーロの順で着丼です。

スープは鶏と豚のブレンド白湯スープで鶏が7、豚が3とのこと。粘度はなくサラッとした動物スープに野菜と浅利などの海鮮の旨味が合わさり、サラッと飲みやすいながら旨味がしっかりと感じられます。塩分や油は少なく優しいスープなのですが、素材の旨味が出ていていくらでも飲めそうなスープに仕上がっています。麺は太めのストレート麺で、柔らかめの茹で加減。スープとの絡みはまずまずですが、様々な具と共に食べることで一体感が生まれます。

具は、モヤシ、キャベツ、キクラゲ、ニラなどの野菜、タコ、アサリ、ちくわ、かまぼこ、豚肉と具沢山。タコや浅利などの海鮮は風味がよく、特に浅利はたっぷりと入っており貢献度大。野菜はモヤシとキャベツが多めで、豚肉も小さめですが、複数入っており、野菜、肉、海鮮のすべてを味わうことができます。固形物完食後、スープもするっと完飲です。

なお、トンポーロは1個からオーダー可能で2人でシェア。そのまま食べても美味しいトロトロの豚の角煮を蒸し饅頭に挟んで食べるスタイルで、こちらもおススメです。本場の長崎ちゃんぽんを食べることができて大満足。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件

「あごしょうゆラーメン」@らーめん家 政の写真長崎初ラーは、チャンポンにしようかと思ったが、何れもホテルから遠く、近場の政にて、限定あごしょうゆラーメンを。
先ず、塩か醤油を選択の後、味付け、脂の量、固さを選択。
濃いめ、普通、固めでオーダー。
麺/30 スープ/32 具/14 計76点
麺は、普通の柔らかさ。これはお店に因って基準が分かれるので、やむなしか。
ただスープに比して、ちょっと味も食感も弱すぎかな。あと、麺が短いですね。
スープは、序盤はアゴ出汁がしっかり薫っていて、おっ!と思わせるも、中盤以降は完全に醤油にカキ消されてしまう。
水で口を改めて試すも、序盤の美味さは甦らない。
代わって、少し豚骨が強目になってくる感じ。後半は塩分強目の家系になってましたね。
具は、チャー、海苔、ほうれん草。
チャーは、なんだかお箸でも掴みにくいほど、ボロボロと崩れるタイプ。初めてだわ。なので、噛み応えはなし。
あと、塩っぱ過ぎ。これではチャーの味がわからない。
長崎といえば、アゴだしなので、もっとそっちが生きると良いのになぁと。
店員さんは、とても元気。
ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉つけ麺 (900円)」@つけ麺 ぱぴこの写真IHヒーターつけ麺

一幸舎系博多元助出身とのこちらに。
14時15分入店で先客なし後客3名。
掲題購入してチケットお渡し。

魚介前面に力強く豚骨感ライトでサラリ。
厚めに張った香味油が効果的でこちらにも地元産煮干しを使用とのこと。
強めの塩梅に煮干しの酸味と油の旨味。
勝手な予想は濃厚豚魚もそれとは異なる魚介豚骨なバランスが面白い。
案内に従いIHヒーターを保温設定にすることで冷めもせず濃度は高まる効果を発揮。
出身店ならではの製麺屋慶史特注ストレート太麺は艶やかでツルモチ。
麺量200gとの掲示だが茹で後だろうか。
体感はかなり少なく大盛が必須に思える。
黄身流れ出そうな半熟味玉。
肉感たっぷりバラチャーシューをつけ汁に入れ再加熱。
麺食べ終えて割スープを注ぐ。
IHヒーターを使いこなし完食完飲です。

旨かったです。
女性店主ならではのバランスでしょうか。
味も量も重くなくサラリとイケる。
機会があれば麺増量もしくは雑炊セットかな。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン (630円)」@らーめん家 政の写真長崎家系

吉祥寺武蔵家系のこちらへ久々。
11時35分入店で中待ち5名後客続々。
掲題購入し待機も5分ほどで着席となり好みをお伝え。
過去の印象から濃いめ・多め・普通でお願い。

豚骨感そこそこに醤油が前に。
やはり個人的には濃いめで正解。
たっぷりと層をなす鶏油の量たるや。
多めを超えて遥かに多いが思ったほど重くない。
ただイメージよりは多かったな。
三河屋製麺製ストレート中太麺。
プリリと弾みモッチリ旨く普通が好み。
ロースチャーシューは柔らかく、ほうれん草、海苔と申し分なし。
久々の長崎家系を堪能し満足完食。

旨かったです。
今回遠慮もライスまたはおにぎりがランチサービス。
活気があり心地良い接客も相変わらず。
次回は濃いめ・普通・普通にしよう。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「チャンポン (750円)」@天天有の写真思案橋人気店

ホテル最寄りで速攻訪問。
11時00分開店同時に先頭入店後客7名。
着席して即オーダー。

想像より遥かにアッサリ。
豚骨・鶏ガラベースで塩梅優しく炒め具材からの旨味が補完。
具材は豚肉、ゲソ、アサリ、蒲鉾、細切りキャベツ、もやしと不足なし。
ゲソの旨さ素晴らしく野菜のクタリ具合とても好みだ。
チャンポンならではのストレート中太麺。
と言うよりチャンポン麺か。
意外なのは角がありポクポク硬めで芯が残る。
フワリとした食感を期待したため茹で不足に思えたが悪くない。
あまりの優しさに胡椒を二振り。
本来なら皿うどん用かと思いつつもソースをサッと投入。
これがとてもハマる。
食べ終わりに近づくにつれ粘る唇に鶏を感じ満足完食です。

旨かったです。
近隣に有名店が点在もこちらも堂々たる人気店。
観光客だけでなく明らかな常連さんが散見される。
それがなんだかとても嬉しい。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件