なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「特製もりそば850円」@長崎大勝軒の写真特製もりそば戴きました。
麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある自家製麺で、大勝軒の系列にしては色白な気持ち硬茹でされたお茶漬け喰いしないと喉ごしが楽しめないタイプの麺です(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところで300・400gも同一価格です)。
つけ汁は粘度の無い酸味と辛味とオイリー感がそれぞれ微アリな魚介豚骨醤油味で、東池袋本店とは違い少し茶白濁した魚介強めのつけ汁に仕上がっています。
具はメンマ4・5本と薄切肩ロース叉焼3・4枚とナルト1枚と茹で玉子半分と長葱とこれぞ大勝軒と思わせるチビ海苔1枚がつけ汁に忍ばせてあります。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打細ストレート麺の麺肌につけ汁の表面に浮遊する香辛料が薄っすらとつけ汁と共に適度に絡みズズズッと勢いよく気持ちよく啜れました。
スープ割は一段高いカウンター上のポットから薄白濁した豚骨スープを自分好みに調整でき、赤茶色したプラスティック製の蓮華で長葱を追いかけながら美味しく戴けました。
お店は「ちゃんぽん」大国、長崎駅前の大通りを超えた駅近に佇んでいて、周りにも「ちゃんぽん」「皿うどん」の幟や看板を掲げたお店が立ち並んでいますが、男性客中心に沢山来店客が押し寄せていました。

スープ割のポットはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9392689.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。